韓国語で”忘れた”は「까먹었다(カモゴッタ)」と言います。

みなさん、こんにちは!Donyです。

最近、疲れたせいかしゃべっている途中に、
何を言おうとしたのか忘れる時が結構あります。

どんどん年をとって、気にすることが多くなったからでしょうか
頭を一回空っぽにしたいですね。

さて、今日のテーマは「忘れた」に関して学びたいと思います。

韓国語で「忘れた」とは?

까먹었다
(カモゴッタ)
訳:忘れた

깜빡했다
(カムパッケッタ)
訳:忘れた

잊어버렸다
(イゾボリョッタ)
訳:忘れてしまった

잃어버렸다
(イロボリョッタ)
訳:忘れてしまった/失ってしまった/なくしてしまった

忘れたの表現は「까먹었다(カモゴッタ)」以外にも色々あります。
日常会話で無難に使えるのはやはり「까먹었다」と「깜빡했다」ですね。

ただし、目上の人には「잊어버렸습니다(イゾボリョッスムニダ)」の方が
望ましいですので、覚えておきましょう。

「잃어버렸다」に関しては「忘れた」より「なくした」の意味が強いですね。

続いては例文を見て終わりにしたいと思います。

「忘れた」の韓国語例文

앗! 숙제 깜빡했다!
(アッ スッゼ カムパッケッタ)
訳:あっ宿題忘れた!

내일 우산 까먹지마
(ネイル ウサン かモッジマ)
訳:明日、傘忘れないで

저기 지갑을 잃어버렸어요
(ゾギ ジガブル イロボリョッソヨ)
訳:あの、財布を忘れちゃいました

처음 경험했던 감동은 이미 잊어버렸다
(チョウム ギョンホムヘッドン ガンドンウン イミ イゾボリョッタ)
訳:初めて経験した感動はもう忘れてしまった

아 맞다 깜빡했네…
(ア マッタ カムパッケッネ)
訳:あ、そうだ忘れた

今日はここまでです!
他に知りたい言葉はないですかね?あったらコメントしてくださいね♪