韓国語の「입니다(イムニダ)」と「습니다(スムニダ)」の違いは
「입니다(イムニダ)」は「名詞」+「입니다」
「습니다(スムニダ)」は「動詞」or「形容詞」+「습니다」
「名詞」か「動詞」かによって使い方を分けます。

みなさん、こんにちは!Donyです。

今、約10ヶ月くらい韓国語講座をやりながら気づいたんですが
一番基本的な「입니다(イムニダ)」と「습니다(スムニダ)」について
話してないことを気づきました。

なので、今日は「입니다(イムニダ)」と「습니다(スムニダ)」に
ついて話したいと思います。

韓国語の「입니다(イムニダ)」と「습니다(スムニダ)」って何?

「입니다(イムニダ)」は「です」

まず「입니다(イムニダ)」について話してみましょう。

「입니다」の基本形は「〜ㅂ니다」

〜ㅂ니다
(イムニダ)
訳:〜です

実は「입니다」の基本形は「〜ㅂ니다」で
日本語で一番近い意味は「です」となります。

使い方は「名詞+이다」+「〜ㅂ니다」ですが、
これだとちょっと複雑なので、「名詞」+「입니다」で覚えてくださいね。

「〜ㅂ니다」の使用例

의자 + 입니다=의자입니다
椅子+です=椅子です。

버스 + 입니다=버스입니다
バス+です=バスです。

우리집 + 입니다=우리집입니다
我が家+です=我が家です。

このように「名詞」と「입니다」を合体すれば
それで大丈夫です。

本格的に基礎から学ぶ場合には、もっと細かい説明が必要となりますが、
実際の使う言葉を学ぶのが、私のポリシーなので簡単に説明しました!

「습니다(スムニダ)」は「ます」

次は「습니다(スムニダ)」についてですね。
これは日本語で一番近い意味とすれば「ます」となります。

〜습니다
(スムニダ)
訳:〜ます

습니다」は「動詞」or「形容詞」+「「습니다(スムニダ)」を合体して使います。

「입니다」とは違ってちょっとパターンが異なるので、注意して見てみましょう!

「습니다」の使用例

2文字(下の小文字なし)

가다+습니다=갑니다
行く+ます=行きます

오다+습니다=옵니다
来る+ます=来ます

하다+습니다=합니다
する+ます=します

2文字(下の小文字あり)

먹다+습니다=먹습니다
食べる+ます=食べます

찾다+습니다=찾습니다
探す+ます=探します

3文字(下の小文字なし)

달리다+습니다=달립니다
走る+ます=走ります

마시다+습니다=마십니다
飲む+ます=飲みます

違いがわかりました?

下の小文字と言うのは韓国語で「받침(バッチム)」と言いまして、ハングルの特徴の1つですね。

要するにこの「받침(バッチム)」があるかないかによってパターンが違ってきます。

「받침(バッチム)」がある場合

このパターンは「찾」+「습니다」=찾습니다
このように「を消して合体すればOKです。

「받침(バッチム)」がない場合

このパターンでは「가다」+「습니다」=갑니다
のようにまず「」を消して、その後残った文字に「を下に追加します。




あとがき

いかがでした?
なんとなく分かったんですかね。

最初はあんまり難しいことは考えずに、使ってみましょう!
間違っても大丈夫です!だって母国語じゃないですもの…。

他に気になる単語や表現がありましたら、コメントしてくださいね♪

記事作成者

日本に暮らしているのも10年目!
人生の3分の1は日本にいたので、韓国語を逆に忘れそうなレベルになり、自分の母国語を忘れないようにブログを運営しています。

韓国や韓国語のことならなんでも聞いて下さい!