記事作成者

日本に暮らしているのも10年目!
人生の3分の1は日本にいたので、韓国語を逆に忘れそうなレベルになり、自分の母国語を忘れないようにブログを運営しています。

韓国や韓国語のことならなんでも聞いて下さい!

腕の立つ医者だった父親は北朝鮮の最高司令者の治療の為に極秘で北朝鮮へ渡らされることになった。

それに一緒に行った息子で主人公のフン。

最高司令者の治療が終わっても韓国には戻れずずっと親子は北朝鮮で過ごした。

そこで出会った初恋相手で共に医師を目指すジェヒ。

フンはジェヒにプロポーズをしてジェヒの父親のもとへ挨拶へ向かうがジェヒの姿はなくジェヒと父親は収容所へと送られてしまっていた。

数年後にフンはジェヒと脱北を試みるが失敗し引き裂かれてしまう。

その後フンは韓国へ戻りジェヒを探すための資金稼ぎのためにミョンウ大学病院で働くことになったがなんとそこへジェヒそっくりのスンヒが現れる。

フンはスンヒが本物のジェヒではないかとあれこれさぐってみるがスンヒは違うと言い張る。

ネタバレですがスンヒは本物のジェヒだった。

ジェヒが名乗れない理由、そこにはバックに大物政治家が絡む大きな問題があった。

韓国の大統領の胸の手術をミョンウ大学が受けることになりそこでフンとジェジュンという医者でどちらが大統領の手術をするか他の人の手術で勝負をすることになる。

そこにはすべての黒幕の首相であるソクチェの陰謀があった。

大統領の手術中に昏睡状態にしその間にソクチェが政治を牛耳る計画をしていた。

その為に手術を成功させる医者ではなく昏睡状態にする計画に協力する医者が必要だった。

そしてフンは昏睡状態にさせると嘘をつき大統領暗殺を計画していることを教えたが大統領はなんと首相をかばった。

そうなると今度はフンとジェヒの命が危なくなる。

二人は北朝鮮の工作員ジンスに銃を向けられジェヒが撃たれ橋から落ちそうになりフンが手を握りそのまま二人は川へ落ちて行った。

そして二人は浮びあがらなかった。

そして一年後なんと小さな診療所でフンは働いていた。

ジェヒも生きていて最終回ではその診療所にきて抱き合っていた。

最後は結ばれたから良かったがここに書いていないだけでもたくさん二人は大きな力で引き離された。

だから最終回ではもまさか橋から落ちて死んで終わり?と心配しましたがハッピーエンドだったのでとても気持ちよく見られました。

私が点数をつけるとしたら

私がこのドラマに点数をつけるとしたら100点満点中60点です。

ハラハラドキドキする展開でおもしろかったですが途中途中首相の悪巧みにイライラもしたりこの展開はおかしいだろ?って言うところもあったのでこの点数です。

でもフン役のイ・ジェジュンの自然な医者の役がとてもかっこよかったです。

メディカルドラマとしては難しくなく楽しめる作品だと思います。