娘を誘拐、殺害された母親が自殺を図ったがなぜか神様のイタズラで娘殺害の14日前にタイムスリップして戻り犯人を捕まえて娘を殺害のされないようにする為に奮闘する事件の謎解きサスペンス。

突然の娘の誘拐、そして死

放送作家だった母親は自分の番組内で娘が誘拐されたことを知った。

その後、殺害された自分も耐えきれず死をえらんだが眼が覚めるとなぜか殺害の14日前に戻っていた。

そこから犯人を捜す為にひょんなことから元刑事のキ・ドンチャンに助けてもらいながら犯人に近づいていく。

毎回こいつが犯人かと思うがまだ真犯人ではなくまだか?まだか?とこちらも謎解きに参加してしまう程のめり込んでしまう。

難しい役を豪華キャストが固めている

主役の母親役はイ・ボヨン。

韓国ドラマ「君の声が聞こえる」で演技大賞を受賞し俳優チソンと結婚し第一子を出産し公私ともに充実している。

ミュージカル界のトップスターと言われているチョ・スンウが相手役。

特別出演でノ・ミヌがミステリアスなミュージシャン役で登場。

障害を抱えた難しい役にB1A4のバロ。

女優、ミュージカル俳優、ミュージシャンと各方面で活躍する豪華キャストでワクワクする韓国ドラマ。

 ただの誘拐ドラマではない?!

とにかく韓国ドラマ特有のドロドロした所ありただの誘拐サスペンスではない。

誘拐の裏で絡み合う政治家や濡れ衣の殺人犯、とにかく1話も見逃せない!

誘拐された子役のキム・ユビンの名演技も見逃せない。

子供らしい子供の役でかわいいだけじゃなくハラハラさせられる展開の中で一息つける存在。

まさか?!の結末(ネタバレ注意)

まさかまさかの展開。

うそでしょー?!と思わず叫んでしまった最後。

お酒を飲んで喧嘩していた時にキ・ドンチャンの母親から誘拐されていた子供を間違えて殺してしまったと電話がきた。

その電話は真犯人からの嘘の電話はだった。

しかしお酒を飲み普通の思考回路ではなかったキ・ドンチャンが現場に向かう。

そこには薬を飲まされ気を失っていただけのセッピョルがいた。

しかしキ・ドンチャンは死んでいると思い込み自分の母親の罪を隠そうと川にセッピョルを投げようとした。

ここまででもえー???今まで助ける為にセッピョルを探したり犯人探しを手伝ってきたのにまさか川になげちゃうのー??って見ていたら、、、。

さすがの韓国ドラマでも助けてきたキ・ドンチャンが最後川に投げちゃうのもどうかと思ったのかセッピョルを川岸に戻しキ・ドンチャン本人が川で死を選ぶという結末。

ドラマの冒頭で不思議なカフェのオーナーが「どちらも助かることはない。水に注意しろ」と主人公の母親に話していたのがここにつながる。

どちらも助かってはこの言葉が当てはまらなくなる為かキ・ドンチャンが死ぬということになる。

私が点数をつけるとしたら

100点満点中85点。

とにかく毎回ジェットコースターのようにストーリーのスピードが早く次を見たいと強く思う。

謎解きが好きな人にはたまらない物語。

しかし子供の誘拐から始まる物語なので子供のいる私にとって自分に置き換えた時に目を瞑りたくなるようなところもあり最初見るのをやめようかとも思った。

でも見始めると途中で止めることができないほど入り込んでしまった。

キ・ドンチャンは私のタイプではないがするどい視点で犯人を追い詰めていく姿に惚れ惚れしてしまう。

とにかくサスペンス好きにはもってこいの作品です!