記事作成者

日本に暮らしているのも10年目!
人生の3分の1は日本にいたので、韓国語を逆に忘れそうなレベルになり、自分の母国語を忘れないようにブログを運営しています。

韓国や韓国語のことならなんでも聞いて下さい!

帝国グループの御曹司キム・タンと声が出ない障害の母を持ち苦労ばかりだったウンサンが主役の物語。

キム・タンとハンひょんなことから海外で出会ったウンサンだった。

お互いが好意を持ちながらもタンに婚約者がいることを知りウンサンはそのまま韓国へ帰国する。

そしてここが最もあり得ないと思った設定がなんと声が出ない障害を持つ母親が住み込みでお手伝いの仕事をしている場所がキム・タンの実家だった。

韓国へ帰ってきたウンサンはもちろん母親と住む為その住み込みのタンの家に住むことになる。

そんな中、タンも帰国し実家に帰ってきてウンサンが自分の家にいることに気づきここから二人の距離が急速に縮まっていく。

ウンサンは普通は通えないタンや相続者、お金持ちが通う学校にタンの父親の恩で通えることになる。

しかし周りはみんな桁外れのお金持ち達。

もちろん話が合わないウンサンはいつも一人。

しかしタンがいつも声をかけ気にかけていた。

タンの親が決めた婚約者もこの学校にいた。

しかし親同士が勝手に会社の為に決めた結婚でタンはすでにウンサンに気持ちが動いていた。

しかしそんなタンの気持ちに気づいた父親が住み込みしていた母親とウンサンを出て行かせた。

もちろん探し回って見つけ出したが自分が好きになったせいで辛い思いをさせていると感じタンは声がかけられなかった。

腹違いの兄やヨンドという恋のライバルもでてきてやはり韓国ドラマ特有の多少のドロドロはありますがあくまでもタンとウンサンのラブストーリーが目玉です。

あれだけ反対していた父親も最後は後悔すると思うが好きにしろ!と言ってくれたり最終的には二人はハッピーエンドになるので良かったです。

腹違いのお兄さんともずっと仲悪く確執があったけど父親が倒れて会社が乗っ取られそうになった時に兄弟で力を合わせこちらも関係が良好になったので見ていてうれしくなりました。

最後にどんでん返しもなくストレートで悪く言えばありきたりな内容ではありましたが面白かったです。

豪華キャスト

キム・タン役は日本でも有名な花より男子の道明寺役をやったイ・ミンホ。

ウンサン役はパク・シネ。

日本でも昔の出ていたユン・ソナもタンの婚約者もラヘルの母親役出て出演

点数をつけるとしたら

私がこのドラマに点数をつけるとしたら100点満点中60点です。

最後の方は見当がつく終わり方だったのが残念でした。

韓国ドラマは視聴率がいいと脚本を予定よりも伸ばしたりするのが定番ですがこのドラマも高視聴率だった割には話数は20話止まりで最後の方はバタバタ終わらせたというような内容でした。

タンとウンサンはハッピーエンドを迎えますが二人の恋愛模様で今まで作ってきた話なんだから最後も二人の恋愛模様をもっと丁寧に描いて終わらせて欲しかったです。

韓国ドラマ特有のラストがイマイチだったのでこの点数ですが二人の恋愛にはキュンキュンさせられました。