韓国語で”では/それじゃ”は「그럼(グロム)」と言います。

みなさん、こんにちは!Donyです。

今日も時間があったので、連続で記事を書きます!

今日のテーマは「では/それじゃ」について話したいと思います。
昨日と同じく例文から見てみましょう!

韓国語で「では」の例文

그럼 집에 가볼게요
(グロム ジベ ガボルゲヨ)
訳:では家に帰ります

그럼 다음에 또 보자
(グロム ダウメ ト ボザ)
訳:じゃまた会おうね

그럼 어쩌지?
(グロム オチョジ)
訳:じゃ、どうしよう?

그럼 가볼까?
(グロム ガ ボルカ)
訳:それじゃ、行ってみようか?

그러면 이건 어떠냐!
(グロミョン イゴン オトニャ)
訳:それじゃ、これはどうだ!

그렇다면 어쩔 수 없지 뭐
(グロッタミョン オチョルス オッジ ムォ)
訳:それでは、仕方ないね

그럼 니가 해 보던가
(グロム ニガ ヘボドンガ)
訳:じゃ、あんたがやってみれば?

그러면 어쩔건데?
(グロミョン オチョルゴンデ)
訳:じゃ、どうするんだよ

こんな風に使えばいいですね。
続いては韓国語で「では/それでは」の詳細を見てみましょうか




韓国語で「では」とは?

그럼
(グロム)
訳:では、それでは、じゃ

그러면
(グロミョン)
訳:では、それでは、じゃ

그렇다면
(グロッタミョン)
訳:では、それでは、じゃ

韓国語で「では/それでは」の表現は上の3つになります。
使い方は日本とほぼ一緒ですね。

日常会話で結構使う表現なので、今回覚えておけばいいかなと思います。
会話で一番多く使うのは(私の場合ですが)「그럼」ですね。
言葉も短いから話安いのもあるし、会話の流れもスムーズだと思います。

그럼、今日はここまでにします!
他の単語や表現が知りたい方はコメントで質問してくださいね♪

記事作成者

日本に暮らしているのも10年目!
人生の3分の1は日本にいたので、韓国語を逆に忘れそうなレベルになり、自分の母国語を忘れないようにブログを運営しています。

韓国や韓国語のことならなんでも聞いて下さい!