記事作成者

日本に暮らしているのも10年目!
人生の3分の1は日本にいたので、韓国語を逆に忘れそうなレベルになり、自分の母国語を忘れないようにブログを運営しています。

韓国や韓国語のことならなんでも聞いて下さい!

韓国語で”どうしよう”は「어떻게(オトッケ)」と言います。

みなさん、こんにちは!Donyです。

いよいよ4月になりました。
学生はみんな学年が上がり、
会社員は新しい期が始まったんでしょうね

みんな、新しい計画を立てて頑張りましょう!

今日のテーマは頑張りましょうって言いながらも
「どうしよう」についてやってみたいと思います。

韓国語で「どうしよう」とは?

어떻게
(オトッケ)
訳:どうしよう

簡単ですね
このままだと簡単すぎるので、他の表現も見てみましょう。

어쩌지?
(オチョジ)
訳:どうしよう

어쩌면 좋아
(オチョミョン ジョア)
訳:どうすればいいんだろう

어쩜 좋니
(オチョン ジョン二)
訳:どうすればいいんだろう

어찌해야 하나
(オチヘヤ ハナ)
どうすればいいかな

이걸 어쩌나
(イゴル オチョ二)
訳:これはどうしよう

「どうしよう」の表現は上のようにいろんな表現があります。
続いてはどのように使うのか例文を見てみましょうね。

「どうしよう」の韓国語で表現例文

어쩌지? 휴대폰을 잃어버렸어!
(オチョジ ヒュデポヌル イロボリョッソ)
訳:どうしよう、携帯をなくしちゃった!

아니!? 어떻게 알았지?
(アニ オトッケ アラッジ)
訳:うわっ、どうやってわかった?

연락이 안된데 어쩌면 좋아
(ヨンラギ アンデンデ オチョミョン ジョア)
訳:連絡が取れないどうしよう

이걸 어쩌냐 돈이 없다
(イゴル オチョニャ ドニオッタ)
訳:あら、どうしよう。お金がない

이걸 어찌해야 하나 시간도 없는데
(イゴル オチヘヤ ハナ シガンド オッヌンデ)
訳:どうしよう、時間もないのに…。

こんな感じですね。
使う時の場面は日本の時と変わらないので、簡単だと思います。
もしわかりづらかったらコメントで教えてくださいね♪